レディー

50代の化粧品は保湿が命|肌の水分量を補おう

美しい肌を維持するために

中年女性

閉経を迎える40〜50代から女性の肌は衰え始めると言われています。衰えた肌は乾燥していることが多いため、基礎化粧品を見直し、コラーゲンが豊富に入ったものを選ぶようにすることが有効な対策法です。同時に刺激が強い成分が含まれている化粧に注意することも、50代になっても肌を綺麗に保つ大きなポイントです。

Read More

年齢を重ねた時のケア方法

スキンケア

自分の肌状態を知る

何歳になっても、化粧は女性のたしなみ、身だしなみの一つといっても過言ではありません。若いころは派手な化粧やファッションも出来ていたものの、年齢を重ねるにつれて使用する化粧品や服なども落ち着いたもの、肌に合ったものが良い、と思うようになる人が多くいます。また、40〜50代では20代、30代に比べて肌のハリやつやなども失われており、肌のバリア機能も低下している状態にあるため、なるべく肌に優しい化粧品選びを行う必要があります。化粧品選びで重要なことは、自分の肌の状態を知るということです。例えば50代では肌の状態の個人差が大きいため、専門機関やクリニックなどで自分の肌年齢や状態などを細かく分析してもらうことがおすすめです。

保湿に注目

50代の肌の特徴は、保湿力が失われているということです。個人差はありますが、多くの場合上記のような検査をしてもらった場合、判明するのは若い人に比べ肌が乾燥しやすく、水分が失われている、ということです。そのような診断をされた場合に、必要な化粧品はセラミドという成分が配合されたものです。セラミドは、肌の保湿力を高め、保湿した水分の蒸発を防ぐという働きがあります。特に保湿ケアとして使用する化粧水や乳液などの化粧品は、このセラミドという成分の含有量に着目して選ぶようにしましょう。また、コラーゲンが多く含まれている成分の化粧品もおすすめです。50代の肌は、皮膚の下に存在し肌のハリを保つコラーゲンという成分が少なくなっている状態が多いため、コラーゲンの含有量に着目することも、賢く化粧品を選ぶポイントの一つと言えます。

保湿が大切

基礎化粧品

50代の化粧品は肌の保湿が充分にできるようにすることが大切です。しわ、シミ、たるみなどの原因は、保湿が足りない為に起こってしまいます。保湿に必要な物質は、セラミドです。これを化粧品で補う事でみずみずしい肌が戻ってきます。

Read More

エイジングケアが主体

鏡に映る女性

50代は多くの肌のトラブルや変化を感じる世代です。このため、専用の化粧品を使用して確実に対策することが大切になります。使用することで、気になっていた肌の変化を食い止めることができ、肌に潤いを感じることができるため人気を集めています。

Read More